何人で遊ぶ?|ピンク温泉で忘れられないような宴会を楽しもう!
手をあげている女性

何人で遊ぶ?

笑顔の女性

ピンクコンパニオンを呼んだ宴会となれば、そこに会社の女性などは呼べません。男性だけでするのがセオリーです。同僚の女性の目を気にせずに楽しみたいですしね。
ところで、そのピンクコンパニオンは何人呼べば良いのでしょうか?少なすぎると取り合いになってしまったり、女の子事態も大変になってしまって、水割りを作ったりお酌するだけで宴会の二時間があっという間に終わってしまったりと
大切なサービスであるお色気での宴会を十二分に楽しめなくなってしまいます。一対一でじっくりと相手出来るようにという人も多いのですが、一対一では二人で会話するシチュエーションができてしまいがちです。
あっちの女の子良いなと思っていても、それでは話し相手に呼ぶことも出来ず、不満が溜まってしまいますよね。

多すぎず少なすぎず適度な人数を合せるって難しいですよね。2.5~1.5人のこちらの人数に対してコンパニオンが1名つくくらいが、一番宴会がスムーズに進むのではないでしょうか。
これなら一部の人だけが盛り上がり、ほかの人は指を咥えてみているだけ、という結果にもなりませんよね。
こうした人数合わせが、ピンクコンパニオンとの宴会の楽しさを大きく左右することになるのは間違いないでしょう。

Copyright© 2017 ピンク温泉で忘れられないような宴会を楽しもう! All Rights Reserved.